成人式のいわれ

今回は、成人式のいわれについて書きたいと思います。

成人式は昔の「元服」にあたります。「元服」は奈良時代に始められたもので、男児が大人になったことを表すために服を改め、髪を結い、頭に冠を加える儀式だったそうです。

戦後すぐの昭和23年7月20日に国民の祝日が制定されて、昭和24年1月15日からその日が成人の日として国民の祝日となりました。
1月15日に定められたのは、宮中や公家では「元服」が1月5日までに、武家では1月11日の鏡開きの日に行われたので、それらを避けて、元日に近いおめでたい日ということで1月15日に決められたそうです。近年は1月の第二月曜日が成人の日となっています。

現在は精神的ににも肉体的にも社会人として認められている二十歳を成人として成人式が行われております。

成人式は、子が親から自立し、親は子に依存する甘えを捨てる良い機会となっています。また、若い女性が日本の民族衣装であるきものに触れ、自分で晴れ着を選ぶ最初の機会ともいえますので大切にしたいものですね。

成人式のきものは、まず第一に自分の個性にあった好きな地色の着物を選んでみると良いと思います。
振袖に関してご相談等ありましたら、当ショップまでお尋ね下さい。

当ショップでは、二十歳の記念のお手伝いをさせていただいておりますのでお気軽にどうぞ!

成人式の衣装のご利用をお考えの方は、こちらを参考にして見てはいかがでしょうか?

振袖レンタル(1月・成人式)

男性袴レンタル(1月・成人式)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加