「 貸衣装情報 」一覧

葬儀のいわれ

今回は葬儀のいわれについて書きたいと思います。

通過儀礼の締めくくりは弔事です。喪服はもともと白装束で、出棺は夜行われました。
平安時代、高貴な人々の葬儀、葬送は白で統一され、縁者や伴人は白麻布の衣服で、葬列の左右を『歩障』という白布で行列を覆って歩いたと記されています。

告別式には正式に喪服を着ますが、通夜や年忌にはいわゆる半喪の装いになります。人が亡くなってから二十四時間は法的にも宗教的にも死者とみなしません。
そのため、通夜に早々に喪服を着ていくのは失礼にあたります。

通夜や法事は色無地のきものに黒共帯、黒の帯締めと帯揚げ、白無地紋綸子の長襦袢がふさわしい装いになります。

告別式は黒の縮緬の喪服に黒共帯、黒の帯締め、帯揚げ、白無地紋綸子の長襦袢を使うのが通常です。

告別式、通夜、法事ともに草履とバックは黒を使います。なお、最近は法事に白共帯を用いるところもあるそうです。

喪服衣装のご利用をお考えの方は、こちらを参考にして見てはいかがでしょうか?

喪服レンタル


「貸衣装」といえば・・・

「貸衣装といえば」ということで思いつくものについて書きたいと思います。

「貸衣装」というとよく想像されるのが、結婚式の衣裳(ウエディングドレス、和装の打ち掛け、白無垢、タキシード、紋付、留袖、振袖)など結婚式に使う衣裳が想像されると思います。

最近では、成人式に使う衣裳、振袖や男性袴、七五三の衣裳などもレンタルが出てきました。

振袖では、呉服屋さんや貸衣装屋さん、七五三ではフォトスタジオなどの写真館でレンタルする方が増えてきているように思います。

「東京レンタル衣裳」では、七五三、発表会、成人式、卒業式、入学式、結婚式、結納式など冠婚葬祭に使うような衣裳をインターネットで全国のお客さまにお貸しできるネット宅配でできる貸衣装をご提案させて頂きております。

必要なときにふさわしい衣裳をかしこくレンタル。を合言葉に「東京レンタル衣裳」では、着物・振袖を中心としたネット宅配専門の貸衣装を取り扱っています。

全国には、地域の有名な貸衣装屋さん、貸衣装チェーン店さん、大手の貸衣装さんを初め様々な貸衣装さんがあります。

私どもでは、必要な時にお店に出向かなくても好きな時間に衣裳が探せて、宅配で自由に衣裳が使えるよう工夫をさせて頂きました。

是非、困ったときには当ショップを活用して頂けたらと思っております。

ご利用にご不安があるかとは思いますがこちらを参考にして頂けたらありがたいと思います。

東京レンタル衣裳をご利用にあたってのよくあるご質問

お支払いと配送について

「東京レンタル衣裳」は、カード決済、振込、代金引換等おこなっており、全国に配送しております。基本的には、往復送料無料となっておりますが、一部の地域のみ片道送料をご負担して頂いております。

たくさんの皆様に当ショップをご覧頂けたらと思います。よろしくお願い致します。

■東京レンタル衣裳のショップサイトはこちらです。
東京レンタル衣裳