千歳飴とは

千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて細く長くなっていて、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されています。長さは、だいたい1m以内で、直径は約15mm以内になっています。

まだまだ子供の死亡率が高かった江戸時代は「飴」の生産が盛んな時期でもあったようです。
江戸浅草の飴屋が考案し、「長生きする様に」と縁起を担いだものと言われているようです。飴を引っ張ると延びる様に、千歳飴も「寿命が延びる」縁起物として広ったようです。

千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられておりますのもそのような意味が込められているのかもしれませんね。

千歳飴は、七五三のお子様に食べさせてあげたり、内祝いでお世話になった方へ感謝の気持ちを込めて、お赤飯と一緒に贈ったりしているようです。

七五三衣装をご利用したとお考えの方は、こちらを参考にして見てはいかがでしょうか?

七五三着物レンタル 3歳 女の子

七五三着物レンタル 3歳 男の子

七五三着物レンタル 5歳 男の子

七五三着物レンタル 7歳 女の子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加